感謝と患者の話
  • カウンセリングの効果

    自律神経失調症は、強いストレス下に晒されることにより発症する事があるため、ストレスの緩和によって治療が行えます。カウンセリングを受けることで、日頃抱えたストレスを和らげ、治療を行なうことができるのです。

    Read more »

  • 理学療法から治す

    身体的な不調から、自律神経失調症に罹ってしまうこともあります。日頃の不摂生や仕事で体を酷使することが原因となる場合もあるため、鍼灸や指圧などの理学療法により体をほぐす事で、こうした自律神経失調症を治療できます。

    Read more »

  • サプリメントの利用

    自律神経失調症は、男性よりも女性が罹る場合が多く、更年期による女性ホルモンの減少により、症状が現れる場合があります。サプリメントを服用することにより、女性ホルモンのバランスを取れるため、効果的に治療が行えます。

    Read more »

  • クリニックでの治療

    自律神経失調症を引き起こした場合、こうした症状を治療するクリニックに通院することで、治療できます。薬物療法による治療の他に、適度な生活習慣を送るための指導も受けられるため、通院することですぐに効果が現れます。

    Read more »

問題となる病

自分の体は、自分自身の意思で動かすことができますが、生命維持に関わる部位を動かす場合、自分の意思で動かしているわけではありません。
心臓の鼓動や各種臓器の動き、各種ホルモンの分泌など、生命維持に関わるものの動きは、自律神経によってコントロールされています。
こうした自律神経は、人の体を正常に保つために必要なものです。
そのため、何らかの理由によってこの自律神経の働きが乱れると、多くの症状が現れることになります。
原因の分からない頭痛や手のしびれ、突然のめまいなど体の不調として明確に症状が現れることがあります。
また、この自律神経の不調は精神面にも影響を与え、強い不安感や恐怖を常に感じるようになることや、怒りっぽくなることやすぐに悲しくなる事もあるため、自律神経の乱れによって性格まで大きく変わるのです。
これらの症状は、いわゆる自律神経失調症と呼ばれており、こうした自律神経の乱れは、生活を行なう上で多くの事柄によって引き起こされます。

自律神経の失調は、遺伝的な理由以外にも多くの理由によって引き起こされます。
生活のリズムが狂ってしまうことで、心身に大きな負担が掛かってしまい、自律神経の失調を招くこととなります。
また、女性であれば加齢や出産などによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、女性ホルモンの乱れにより、こうした自律神経の乱れへとつながることがあるのです。
日々の生活による影響で、こうした自律神経の失調を招くことになるため、きちんとしたライフスタイルを確立させる必要があります。
現在では心理療法や理学療法などを利用し、あらゆる面からアプローチすることで治療を行えます。自律神経の失調は、治療を行える専門のクリニックに頼みましょう。

自律神経失調症特有の症状でお悩みならサプリメントを試してみませんか?人気の漢方系サプリは症状の改善に効果が期待できますよ。